特集!ステイヤーズステークス!

特集!ステイヤーズステークス!

いよいよ12月突入です!今年も残り1ヶ月・・・

今週から中山開催です。土曜日は3600mの過酷な戦いです!

既に年間収支のプラスが確定しているAKBこじはるさんは果たして今週はどのような予想をするのでしょうか!?久しぶりの的中に期待したいです。

12月3日(土) 中山11レース
第50回 スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(G2)

レース概要

競走名の「ステイヤー(Stayer)」は、英語で「耐える者」を意味します。距離は日本国内の平地競走では最長距離となり中山競馬場の芝内回りコースを2度回ることになります。

1967年に創設され、1984年のグレード制導入に伴いGIIIに格付けされ、創設当初は9月の中山開催で行われていましたが、1972年より12月の中山開催に変更されました。

1997年よりGIIに格上げされ、ハンデキャップから別定へと施行条件が改められたことで、有馬記念のステップレースの1つとしてを数えられています。

中山芝3600m内回り





注目馬紹介

・アルバート・牡5

(父:アドマイヤドン)

20戦6勝(ステイヤーズS・アルゼンチン共和国杯2着)

昨年は夏から暮れに掛けて4連勝してステイヤーズSを優勝、今年の天皇賞(春)でも優勝馬から0.5秒差の6着と現役では1、2を争う長距離馬です。

前走は休養明けながら、勝ち馬とは0.1秒差の2着、勝ち馬シュヴァルグランがジャパンカップ3着ですから、その実力はGⅠに手が届きそうなところまで来ています。

今年は連覇を目指しての出走になりますが、可能性は相当に高いと思われます。





・ジャングルクルーズ・セン7

(父:ジャングルポケット)

25戦4勝(重賞で3着までの入線実績はなし)

この馬を一躍有名にしたのは昨年の第35回ジャパンカップ。

 夏の札幌で準オープンを卒業したばかりの馬が次に選んだのがジャパンカップだったのです。

 人気は18頭立てで17番人気と当然のブービーでした。

しかし本馬が見せた上がり3Fの末脚は優勝馬ショウナンパンドラと同じタイムだったのです。

 位置取りが優勝馬よりも後ろだったために最終的には0.3秒差の4着でしたが、いずれはGⅠと言う希望を持たせるには十分な結果でした。

 春は散々な成績でしたが、夏場は調子をあげており、距離が持てば好勝負が期待できます。





・ファタモルガーナ・セン8

(父:ディープインパクト)

23戦4勝(ステイヤーズS2着、ダイヤモンドS2着)

3000mを越える重賞競走に7度出走して4回馬券圏内に入着している、スタミナ自慢です。

ディープインパクト産駒には珍しいタイプですが、スタミナ豊富な分だけ、ディープ産駒特有のスパッと切れる脚はなく、善戦止まりになっています。

ステイヤーズSも2着2回と相性がよく8歳でも要注意が必要です。





・タマモベストプレイ・牡6

(父:フジキセキ)

32戦4勝(シンザン記念・京都大賞典2着)

 全4勝のうち3勝がデビューから4戦目までにあげていて、残りの1勝も約2年3ヶ月前になります。

力のいるコース状態や、時間を要する馬場では、先行してそのまま粘り切るレース運びでオープン特別の長距離戦では何度も馬券圏内を確保しており、中山競馬場では有馬記念で掲示板を確保(5着)したこともあります。

今回は距離が少し長い印象もありますが、前で競り合わずに脚を溜めることが出来れば、馬券圏内入着も十分にありそうです。





・モンドインテロ・牡4

(父:ディープインパクト)

12戦6勝(重賞で3着までの入線実績はなし)

オープン特別は2勝しているものの、重賞では前走のアルゼンチン共和国杯GⅡの4着が最高着順です。

 本馬もファタモルガーナと同様にディープ産駒には珍しいスタミナ型でやはりスパッと切れる脚はありません。

少し気性に問題があってレース中に前に行きたがるので、いつも折り合いに専念するため前目のポジションを取ることが出来ずに届かない結果になります。

 折り合いに問題がなければ間違いなく重賞級の器であることは間違いありません。





レース展望

今回のステイヤーズSの注目点はアルバートの連覇がなるかどうかの一点と言っても過言ではありません。

すでに有力出走馬との勝負付けも済んでおり、1つ間違えば去年のように5馬身差の圧勝劇の再現も十分に考えられます。

ジャパンカップをパスして中3週あけての叩き2走目となるため、馬の負担もほとんどないでしょう。

相手選びが難しいですが、長距離実績とコース相性、あとはじっくりと脚をためられる競馬が出来る馬を選べるかがポイントになりそうです。

ステイヤーズステークスの出走表はこちら。予想登録も可能です。

お知らせ

当サイトでは重賞レースを中心に予想を受け付けています!
競馬に詳しくない方はこじはるさんの予想はもちろん、当サイトの上位者の予想を参考にしてみてください!

無料会員登録はこちらから。予想を登録するだけでなく、他の方の予想を閲覧することが可能です!

サイトへの要望等も受付ております!こちらから。

また公式Twitterもありますので要チェック!

最後までお読みいただきありがとうございました!

ぜひ拡散してください*\(^o^)/*

ユーザーランキング(2020年)

順位ユーザー収支
1
黒田ジョニー
734,180円
2
takeyama
642,690円
3
sekkam
185,980円
4
ジン
151,160円
5
てんくらふき
107,560円

公式Twitter

メニュー