特集!有馬記念!

特集!有馬記念!

いよいよ2016年の競馬の最後のレースです。

クラシック!有馬記念です!都内では街中にポスターが貼ってありますね。

既に年間収支のプラスが確定しているAKBこじはるさんですが果たして最後はどのような予想をするのでしょうか!?

最後に勝って締めくくって欲しいですね!

12月25日(日) 中山10レース
第61回 有馬記念

レース概要

1955年当時の理事長・有馬頼寧(ありまよりやす)が『日本ダービーに匹敵するレースを中山競馬場でやろう』と発案し、翌年1956年他に例のないファン投票で出走馬を選出する方式を取り入れた【中山グランプリ】を開催しました。

翌年1月有馬頼寧氏の急逝をうけて1957年より名称を【有馬記念】に変更しました。

中山芝2500m

注目馬紹介

・キタサンブラック・牡4

(父:ブラックタイド)
13戦8勝(ジャパンC・天皇賞(春)など)
前走ジャパンカップを完勝してGⅠ3勝目、名実ともに現役最強の地位に就きました。
秋の2走はほぼ完璧な内容で、他の馬に付け入る隙を与えず、今回も出走するアドマイヤゼウス、サウンズオブアース、シュヴァルグランを完封しています。
今回は逃げ宣言をしている馬がいるので、2、3番手からの競馬になりそうですが、死角は見当たりません。

・サトノダイヤモンド・牡3

(父:ディープインパクト)
7戦5勝(菊花賞・神戸新聞杯など)
3歳では唯一の出走となりましたが、今年の3歳では最強という声も多く、走るたびに強くなっている印象もあります。
秋3走目、菊花賞馬が有馬記念に直行してくるときは好走する事が多く、予想では多くの本命印が付くことが予想されます。
ディープインパクト産駒の牡馬が有馬記念を勝ったことが今まで1度もなく、この馬が新しい歴史を切り開くかもしれません。

・ゴールドアクター・牡5

(父:スクリーンヒーロー)
17戦9勝(有馬記念・日経賞など)
昨年の優勝馬。
今年に入って4戦2勝、2度の敗戦時(天皇賞(春)・ジャパンカップ)の勝ち馬はキタサンブラックです。
前走はキタサンブラックをマークする位置での競馬だったにも関わらず最後は突き放され完敗、高速馬場での対応力に限界を見せました。
しかし、デビューから6走している中山競馬場は4勝2着1回、重賞3勝と抜群の成績です。
現代の中山マイスターが得意コースでキタサンブラックを逆転出来るのか、連覇達成なるか注目です。

・シュヴァルグラン・牡4

(父:ハーツクライ)
16戦6勝(阪神大賞典・アルゼンチン共和国杯)
今年、4歳になって急激に力を付けGⅡを2勝、GⅠでも3着2回と古馬トップクラス入りを果たしました。
前走はキタサンブラックの先行力に屈しましたが、末脚の切れ味は上回りました。
今回初めて中山競馬場に登場しますが、パワーを必要とする阪神競馬場や東京2500mに良績があり、阪神大賞典優勝、天皇賞(春)3着の実績からスタミナには相当の自信を持っています。
短い直線の中山競馬場でどのような位置取りで勝負をかけるのか、GⅠ初勝利を狙って初の有馬記念に挑みます。

・サウンズオブアース・牡5

(父:ネオユニヴァース)
19戦2勝(GⅠ2着3回・GⅡ2着4回)
前走ジャパンカップも見せ場たっぷりの2着、最早GⅠ級の実力と割り切れる程度の実績ではなくなってきました。
掲示板に載らなかったのは、2度挑戦した天皇賞(春)と日本ダービーのみでその安定感は現役屈指です。
中山競馬場の出走は3度、日経賞・有馬記念(ともに距離2500m)で2着とコース適性は抜群です。
目的はただ1つ、2着はもう要らないはずです。

レース展望

GⅠ馬5頭、重賞馬9頭とメンバー的にはなかなか充実しています。

連覇を狙うゴールドアクター、今年のGⅠ3勝目と年度代表馬を狙うキタサンブラック、グランプリ連覇を狙うマイアライト、悲願のGⅠ制覇を狙うシルバーコレクター・サウンズオブアース、3歳唯一の出走で一気の世代交代を狙うサトノダイヤモンドなど、それぞれの目的は違っても狙うは賞金3億円とグランプリのタイトルです。

前に位置するキタサンブラック、そのすぐ後ろにいるゴールドアクター、中団で脚をためるサトノダイヤモンドとマリアライト、サウンズオブアース、末脚に賭けるミッキークイーンやシュヴァルグラン。

前が残るのか後ろが差し切るのか、第61回有馬記念は12月25日発走です。

有馬記念の出走表はこちら。予想登録も可能です。

お知らせ

当サイトでは重賞レースを中心に予想を受け付けています!
競馬に詳しくない方はこじはるさんの予想はもちろん、当サイトの上位者の予想を参考にしてみてください!

無料会員登録はこちらから。予想を登録するだけでなく、他の方の予想を閲覧することが可能です!

サイトへの要望等も受付ております!こちらから。

また公式Twitterもありますので要チェック!

最後までお読みいただきありがとうございました!

ぜひ拡散してください*\(^o^)/*

ユーザーランキング(2020年)

順位ユーザー収支
1
黒田ジョニー
734,180円
2
takeyama
642,690円
3
sekkam
185,980円
4
ジン
151,160円
5
てんくらふき
107,560円

公式Twitter

メニュー